脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • 腕を引っ張られ脱臼した

  • 脱臼してから肩の可動域が狭い

  • 脱臼を改善して日常に戻りたい

  • 子供が脱臼したときの処置方法を知りたい

脱臼は繰り返し起こることも少なくありません。

関節が外れるような音と同時に激しい痛みを伴った場合は脱臼が考えられます。
腫れや動かしにくさも生じ、日常生活も不便になるでしょう。

 

脱臼はスポーツだけではなく日常生活の中の何気ない行動やアクシデントでも起こり得ます。
そして、脱臼は一度経験すれば癖になってしまうことも少なくありません。

 

脱臼の症状や予防方法を知り、脱臼に正しく対処できるようになりましょう。

脱臼早期回復メニュー Recommend Menu

脱臼にはいくつかの種類があります。

関節は骨と骨を繋いで構成されていますが、何らかの原因で関節部分の骨が本来の位置からズレてしまうこと「脱臼」といいます。
脱臼と言っても原因や症状によって種類が分かれており、さまざまな症状があります。
そこで、まずは脱臼の種類や症状についてご紹介していきます。

 

【主な脱臼の種類】

 

脱臼は、脱臼の状態と原因によって種類が分かれます。
関節が完全に外れてしまっていることを「完全脱臼」と言い、関節の一部が外れていることを「不完全脱臼」と言います。
そこからまた原因別に種類が分かれ、最も多いものは強い外力が加わることで起こる「外傷性脱臼」で、スポーツや交通事故などでよく見られます。
また、関節の病気が原因で起こる「病的脱臼」という脱臼もあります。
そして、病的脱臼は「麻痺性脱臼」「拡張性脱臼」「破壊性脱臼」など筋肉や関節包などの原因によって種類が分けられます。

 

●症状の特徴

脱臼をすると脱臼した箇所に激痛が起こり、関節の外れる音が聞こえる場合があります。
自分では動かせなくなるほどの痛みが走り、周辺組織の炎症によって腫れを伴うこともあるでしょう。
脱臼することで脱臼した関節の可動域が狭まることや、動かせなくなる、違和感があるなどの機能障害も生じます。

また、脱臼で離れた骨によって血管が傷つくことによる出血で血が溜まってしまい、関節血腫を引き起こすケースもあります。
脱臼は繰り返し起こる再脱臼や、不安定症を伴うと言われています。
これは脱臼がまだ完全に改善していないにも関わらず動かしてしまうことや、不完全な状態で施術をやめてしまうことが原因です。
脱臼を何度も繰り返さないように、完全に脱臼を改善させることが大切です。

日常で行える脱臼の対処・予防方法

脱臼はいつ誰にでも起こり得るケガであり、一度脱臼してしまうと再び脱臼するかもしれないという不安があるでしょう。
そういった場合に、処置方法や予防方法を知っていれば適切に対処できます。
そこで、脱臼の対処や予防方法についてご紹介していきます。

 

【脱臼した場合の処置方法】

 

脱臼をした場合は、受傷後すぐに「RICE処置」と呼ばれる応急処置をすることが望ましいです。
患部が動かないように固定しながら安静にし、冷やすことで痛みや腫れを抑制します。
応急処置をすることで、脱臼の症状悪化や周辺組織への受傷拡大の予防と早期改善が期待できます。

【脱臼の予防方法】

 

●筋肉や関節の柔軟性を高める

脱臼は衝突や転倒などが主な原因で、スポーツ中だけではなく日常でも起こり得ます。
日常的にストレッチを行うことで筋肉や関節の柔軟性を高めていれば、急な動作にも対応できることでケガの予防に繋がるでしょう。
とくにスポーツ前にはしっかりとストレッチ準備運動を行い、筋肉や関節、靭帯などの組織の柔軟性を高めるよう心掛けましょう。

 

●筋力を高める

筋トレなどで筋力を高めれば、筋肉が関節を守ってくれます。
脱臼の原因となる衝突や転倒などにも耐えることができ、ケガ自体の予防にも繋がります。

 

●テーピングする

脱臼は繰り返し起こりやすいため、脱臼が不安な場合にはテーピングを利用することも予防方法の1つです。
脱臼を起こしやすい部分にテーピングをすれば、周辺の稼働をサポートしながら脱臼を予防します。

新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院の
【脱臼】アプローチ方法

当院では脱臼が疑われる症状に対して受傷原因からしっかりと確認し患部がどのような状態にあるか確認します。
周辺軟部組織神経血管の合併損傷の有無など脱臼の整復に問題がないかをみていきます。

整復操作は可能な限り苦痛のない愛護的な方法で行います。
その後の後療法に関しても医師の同意の上で当院で行うことができます。
整復操作をし、骨が正しい位置に戻ると痛みがほとんど取れることも多いです。
ですが、周辺組織の損傷は少なからずあり、痛みは取れてもそのままリハビリを怠ると脱臼がクセになってしまうことも多くあります。

当院では損傷組織の修復を促す優れた機器の導入もしております。
脱臼後では、捻挫や打撲などと比べても、周辺の筋力の低下や靭帯の緩みも大きいため、しっかりとしたリハビリが必要となります。
運動療法徒手療法生活指導も含めた施術で最短での回復をサポートしてまいります。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

外傷性のケガの施術には各種保険の適応となります。
ケガをした覚えのないものでも、損傷を起こしているケースもありますので、一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を患部に与える施術で、除痛効果に優れ、また、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊なブレードを使い癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことで動きの改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:吉江 俊一(よしえ しゅんいち)
資格:柔道整復師・鍼灸師
誕生日:10月7日生
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:トライアスロン・ロードバイク ・マラソン
今後の目標:自分の周りにいる人間を笑顔にすること
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
住所〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩5-2-8
最寄:JR新小岩駅 北口 徒歩5分
たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進、たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進。坂本病院さんの向かい側
駐車場:あり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中