肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 部活で走り込み中にふくらはぎに激痛が走った

  • 肉離れを早く
    治したい

  • 同じ場所をたびたび負傷する

  • ウォーミングアップが足りないとコーチに
    指摘された

注意すべきケガ「肉離れ」について

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態のことを言います。

 

特にスポーツ中に多く、

急なターンや停止によって筋肉が急激に収縮されることで発症することがあります。

 

肉離れをそのままにしておくと、

筋肉の中で出血が起こり内圧が上がって悪化する恐れがあるため、

放置することはおすすめできません。

 

ここでは、日頃起こり得る肉離れの原因や症状、

対処法などを詳しくみていきます。

肉離れ早期回復メニュー Recommend Menu

肉離れの症状について

肉離れは、正式名称を「筋挫傷」と言い、スポーツなどの急な動きや、ボールの打撃などの衝撃によって筋膜や筋繊維の一部が損傷・断裂することを指します。

全身の筋肉で起こる可能性がありますが、特にふくらはぎや太ももの裏に多くみられます。

・ラグビーやサッカーなどのスポーツ中の衝突

・ランニングやテニス、バレエなど筋肉を伸ばした時

・バスケットボールやダンスなどで急激なターンやストップを強いられた時

 

受傷した際には、筋線維が切れた音のような感覚(断裂音)を覚えることがあります。
強烈な痛みで少し体重をかけるだけで激痛が走り、歩行が困難になることもあります。

筋線維の一部が断裂した部分は、外見上凹んで見え、その部分から出血することでその周囲が腫れ、徐々に皮下出血斑が表れ青紫色になっていきます。
数日経つと出血が吸収され、黄色になってやがて消えます。

 

【肉離れの主な原因】

 

・急な動作

スポーツでの急激なターンやスタートダッシュ、ストップや踏み込みなどでは、筋肉の強い収縮の直後に強い伸展(引き伸ばされる)が起こります。
このような動きによって肉離れが頻発する傾向にあります。

 

・筋疲労、加齢

筋肉疲労の蓄積やウォーミングアップ不足、加齢に伴う筋肉の硬化なども、肉離れの要因となります。

 

・水分不足や飲酒

水分不足や飲酒などにより体内の水分が不足すると、血液の流れが悪くなり十分な栄養が行き届かないことがあります。
これにより筋肉が硬くなり肉離れを起こしやすくなります。

 

・冷え

冬場の寒さや冷房などで足が冷えるとこむら返りの原因となることがあります。
こむら返りとは、ふくらはぎなどの筋肉が異常に収縮して力が抜けない状態を言います。
この状態を繰り返していると筋肉が収縮しやすくなり、肉離れに繋がります。

 

【肉離れの主な症状】

 

肉離れの主な症状は、疼痛、腫脹、患部の陥凹です。

 

・疼痛

筋繊維の一部が断裂することによって激しい痛みを生じ、歩行が困難になることがあります。

 

・腫脹

切れた筋繊維から出血することで患部周辺が腫れることがあります。

 

・患部の陥凹

筋繊維の断裂によって切れた部分が凹んで見えることがあります。

 

筋挫傷では、筋肉や腱が無理に引き伸ばされるために筋繊維が切れてしまう場合があります。
特に痛みが激しく著しい歩行障害のある場合には、アキレス腱断裂の可能性もあるため、早急に然るべき医療機関に相談されることをおすすめします。

受傷してしまったらすぐに応急処置を行いましょう

肉離れが起こった際にはすぐに患部を冷やすなど、できるだけ早い応急処置が大切になってきます。

放置してしまうと筋肉がゆがんだ形で癒合してしまい、身体のゆがみに繋がり、将来的に歩行困難の原因となることもあります。

まず行うべき応急処置として、「RICE処置(安静・氷冷・圧迫・挙上)」が挙げられます。

R:Rest(安静)
炎症の抑制や痛みの緩和のため安静にします。

 

I:Ice(冷却)
炎症の早急な緩和の為、アイスパックや保冷剤などをタオルに包んでしっかりアイシングをしましょう。
できるだけ早い段階で始めることが大切です。
患部の痛みが引いたら一旦止め、再度痛み出したらまたアイシングするといったように痛みが落ち着くまで繰り返しましょう。

 

C:Compression(圧迫)
皮下出血や腫脹の早期抑制のため、弾性包帯やテーピングなどを使用して受傷部位を適度に圧迫します。

 

E:Elevation(挙上)
炎症や腫脹を抑制するため、受傷部位を心臓よりも高くなるように上げます。

 

受傷した患部が腫れている間は、血流が激しくなることで患部の炎症や痛みが悪化する可能性があるため、湯船に浸かることや飲酒は控えるようにしましょう。

肉離れは適切な対処を行えば2~3週間ほどで回復すると言われていますが、5週間ほどかかるケースもあります。

早期回復のためには、受傷後できるだけ早い応急処置と、早期の施術開始が重要となってきます。

RICE処置を行った後は、整骨院・接骨院や医療機関を訪れ、適切な施術を受け早期回復を目指しましょう。

新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院の
【肉離れ】アプローチ方法

肉離れはスポーツなどの身体活動中に起こりやすく、筋肉に過度な収縮または伸長により発症すると言われています。

身体のどこにでも起こり得る肉離れですが、当院ではまず、損傷を起こした筋肉がどこなのかをしっかりと確認していきます。

エコー検査などの画像で患部をしっかりと確認し、損傷部位、損傷範囲、損傷度合いを把握していきます。

肉離れの場合、筋肉内で出血を起こしており、そこに血液が集約して腫れてくるといった場合が多くみられます。

その後、瘢痕形成(擦りむいた時でいうカサブタ)が出来るので、その箇所を「ハイボルト療法」で組織の修復を促します。

また、受傷直後の急性期には、患部のアイシング、圧迫、固定を行っていきます。

その後、身体の防衛反応として周りの筋肉が固まり、受傷部位を守ろうとするので、過度の拘縮が起こらないよう、手技などで緩めていきます。

施術を行うと痛みの改善は早期に見込めますが、損傷組織がケガをする以前の状態になるには3週間〜3ヶ月ほどかかるものなので、痛みが引いたからといって無理は禁物です。
(損傷の度合いにもよります)

ですが、多少無理をしても行いたい患者さんの大事な予定やスポーツの試合なども考慮して施術の計画をご提案いたしますのでご安心ください。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

外傷性のケガの施術には各種保険の適応となります。ケガをした覚えのないものでも、損傷を起こしているケースもありますので、一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を患部に与える施術で、除痛効果に優れ、また、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各種症状に対して、東洋医学的なポイントに刺激を入れることで、気血の巡りを促進し症状の改善を目指す施術です。

 

■テーピング

筋肉のサポートをすることで、痛みの緩和と動きの矯正・補強を促していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊なブレードを使い癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことで動きの改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:吉江 俊一(よしえ しゅんいち)
資格:柔道整復師・鍼灸師
誕生日:10月7日生
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:トライアスロン・ロードバイク ・マラソン
今後の目標:自分の周りにいる人間を笑顔にすること
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
住所〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩5-2-8
最寄:JR新小岩駅 北口 徒歩5分
たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進、たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進。坂本病院さんの向かい側
駐車場:あり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中