骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • ぶつかって
    腕を骨折した

  • 足が折れたのか
    痛みで動かない

  • 骨折から早く
    スポーツに
    復帰したい

  • 骨折しやすい
    ため予防したい

骨折の症状や対処法を知っておきましょう。

骨折すると強い痛みや動かしにくさ、腫れなどの症状が現れ、

改善までに1ヵ月前後の時間が必要になります。

 

骨があればどこにでも起こる可能性があり、特に足や腕、指に多く見られます。

 

スポーツをしている方や高齢者に多く見られる症状ですが、

日常生活において誰にでも起こり得るケガです。

 

いつ起こるか分からないケガだからこそ、症状や対処法について知っておきましょう。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折した際の症状の特徴について

一言で骨折といっても、症状の度合いや原因はさまざまです。
骨が完全に折れている状態を「不完全骨折」と言い、骨に一部ヒビが入っている状態を「不完全骨折」と言ってどちらも骨折として扱われます。
また、骨折した原因によって外傷性骨折や疲労骨折などと呼ばれることもあります。
こうした骨折にはいくつかの症状の特徴があります。

 

【骨折の症状の特徴について】

 

●骨折すると見られる症状

骨折することで見られる症状の中でも、骨折していると判断できる症状がいくつか存在します。
骨折が生じると骨折箇所が正常ではない動きをする「異常可動性」や、折れた骨同士が擦れることで発される「軋轢音」、発熱などが生じます。
また、骨折すると外見上の変形や、骨の位置が変わる「転位」も起こります。
全身症状としてショック症状が出ることもあり、興奮によって血液循環に偏りが生じることで血圧低下や冷や汗、顔面蒼白、気分の悪さなどの症状が現れることもあります。

 

●骨折すれば出現する可能性のある症状

骨折とは判断できないものの、骨折すれば出現する可能性のある局所的な症状として、患部の腫脹や動かしにくさなどの機能障害疼痛が挙げられます。
疼痛はいくつかの種類があり、骨折部分の痛みである「自発痛」や、軽くたたくと骨に響くように痛む「叩打痛」、患部から離れた場所の刺激で痛む「介達通」などがあります。

 

●骨折と併発する可能性のある損傷

骨折をすれば受傷部分だけが損傷するとは限らず、その周辺組織も損傷する可能性が考えられます。
関節や筋肉、靭帯などの組織を同時に損傷してしまうこともあり、骨折とは別の部分に痛みが強く感じられることもあります。
また、周辺の血管や末梢神経が折れた骨によって損傷すれば、出血だけではなく麻痺や感覚障害などさまざまな症状が現れる可能性があります。

骨折は正しく対処しましょう。

骨折はいつどこで起こるか分かりませんが、早期に正しく対処することで早期改善が期待できます。
骨折の治癒経過も理解しながら、正しい対処法を知っておきましょう。
また、日常的に骨折を予防するためにできる方法もご紹介します。

 

【骨折した時の応急処置】

 

骨折をしたら、すぐに応急処置をすることでケガの悪化の予防や早期改善が期待できます。
骨折の応急処置は、他のケガの応急処置にも使われる「RICE処置」です。
動かさないように安静にしながら患部を冷やし、患部の固定や拳上を行いましょう。

【日常で行える骨折の予防方法】

 

●日常生活で改善すべき点

骨折は年齢を重ねるほど増加する傾向があり、筋力や柔軟性の低下が関係していると考えられます。
筋肉や靭帯の柔軟性が低下することで急な動きに筋肉などがついていかずに転倒しやすくなりますし、筋力がないことで転倒を支えにくくなります。
日常的にストレッチで柔軟性を高め、適度な運動や筋トレで筋力を高めるようにすれば骨折などのケガの予防に繋がるでしょう。

 

●スポーツ時に改善すべき点

スポーツ時の転倒や衝突で骨折が起こることも多いため、スポーツ前には十分なストレッチで柔軟性を高めておくことが大切です。
また、スポーツでは激しい練習や同じ部位の使い過ぎによって疲労骨折も起こしやすくなっています。
スポーツのフォームは正しいのかを見直し、練習量も調整するなどして疲労骨折を予防しましょう。

 

【骨折が治るまで】

 

骨折が改善していくまでには、「炎症期」「仮骨形成期」「仮骨硬化期」「リモデリング(再造形)期」の4つの期間を経過していきます。
骨折したばかりの時期は「炎症期」とされ、炎症による腫れや痛みを伴います。
そこから時間が経過すれば仮骨と呼ばれる軟骨が骨折部分から形成される「仮骨形成期」に入り、仮骨が徐々に硬くなる「仮骨硬化期」になります。
そして、最後に「リモデリング期」に入ることで徐々に元の状態へと改善していきます。

新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院の
【骨折】アプローチ方法

当院では骨折が疑われる症状に対して患者さんから受傷原因からしっかりと伺い、患部の状態をみていきます。

徒手検査にて骨の状態を確認し、神経や血管損傷などの合併があるかどうかの確認もしていきます。
そしてエコー検査にて、骨がどのような状態にあるか確認していきます。
骨片の転移に応じて整復操作を行い骨を元あった正しい位置に直していきます。

骨折の確定にはレントゲン撮影が必要です。
レントゲン検査は専門の医療機関でしか行えないため、整形外科へのご紹介を行っております。

その後の生活指導も含めたリハビリに関しては医師の同意の上で当院で行えます。
当院では骨折後の骨や周辺軟部組織の修復を促進させる機器の導入をしています。
骨折後のリハビリは、捻挫や打撲などと比べても周辺筋力の低下や靭帯の緩みも大きくなりますので、回復まで的確な経過観察が必要です。

優れた機器を使用しながら、こまめに患部を確認していくことで症状変化にも対応し、1日も早い回復をサポートさせていただきます。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

外傷性のケガの施術には各種保険の適応となります。
ケガをした覚えのないものでも、損傷を起こしているケースもありますので、一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を患部に与える施術で、除痛効果に優れ、また、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊なブレードを使い癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことで動きの改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:吉江 俊一(よしえ しゅんいち)
資格:柔道整復師・鍼灸師
誕生日:10月7日生
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:トライアスロン・ロードバイク ・マラソン
今後の目標:自分の周りにいる人間を笑顔にすること
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
住所〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩5-2-8
最寄:JR新小岩駅 北口 徒歩5分
たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進、たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進。坂本病院さんの向かい側
駐車場:あり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中