股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 階段を上る際に足が上がり
    づらい

  • 腰から足の付け根に痛みがある

  • 長時間歩くと
    股関節が痛い

  • 床に座ると立つことが難しい

股関節に痛みを感じたら早めの対処が大切です

関節の自由度が大きい股関節は、

サッカーやマラソンなど股関節を酷使するスポーツで負担がかかりやすく、

股関節症を発症しやすいと言われています。

 

股関節の違和感痛み動かしづらさを感じたら

できるだけ早めに対処することが大切です。

 

ここでは、股関節の仕組みと、

どのような場合に痛みが出やすいのかなどといったことを詳しくみていきます。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

最も強度の高い股関節に痛みが出る原因

股関節は、足のつけ根にあって、お椀の形をした骨盤の受け皿<寛骨臼(かんこつきゅう)>と、球体の形をした大腿骨頭を連結しています。

その形状から球関節と呼ばれ、自由度が高く、その周りを大きく強い筋肉や靱帯で守られていることが特徴です。

股関節は私たちの身体を支えるとともに、正座やあぐら、しゃがむ姿勢などの複雑な動きを行うために欠かせない存在です。

また歩き方に直接影響を及ぼすため、痛みを感じると歩行や姿勢のバランスが崩れてしまうことも考えられます。

女性に多いとされるこの股関節痛は、なぜ起こるのでしょうか。

 

【股関節痛の原因】

 

大腿骨頭と寛骨臼(かんこつきゅう)の表面は軟骨組織で覆われており、衝撃を吸収したり、関節が動く際の摩擦を減らすといった役割を持っています。

 

・軟骨がすり減る

・股関節への負荷

・股関節柔軟性の低下

 

何らかの原因によって先に挙げた状態が進行すると、股関節に痛みを感じるようになったり、関節可動域が狭くなり日常生活に支障をきたすようになります。

 

●変形性股関節症

生まれつき大腿骨頭の受け皿が浅く(寛骨臼形成不全)、出生時の股関節脱臼(先天性股関節脱臼)などが原因で股関節に負担がかかりやすいことや、加齢に伴って股関節が変形し軟骨がすり減っていく病気です。

 

●大腿骨頸部骨折

加齢に伴って骨密度も筋力も低下していくため、転倒しやすくなります。
ご年配の方が転倒してしまうと大腿骨頭などを骨折し、歩行困難などに繋がります。

 

婦人科系やその他の病気

何らかの病気が影響して股関節に痛みを感じることがあります。
また、子宮内膜症などの婦人科系の病気でも痛みが生じるケースがあります。

 

殿筋の肉離れ

お尻の筋肉の一部は股関節に繋がっているため、肉離れを起こすと股関節に痛みを感じる場合があります。

 

オーバーユース

キックで股関節を酷使するサッカーや長時間走るマラソンなどでは股関節に負担がかかりやすく、炎症を起こすことで股関節痛に繋がります。

歩けるからと痛みを我慢していると、膝や足首、腰にまで痛みが波及してくる可能性がありますので、できるだけ早い対処が重要となってきます。

変形性股関節症について

「変形性股関節症」は股関節に痛みが生じる病気の中でも、非常に多くの方がお悩みの症状と言われています。

一度発症すると完治することが難しいを言われているため、できるだけ早期に対処することが肝心です。

 

【変形性股関節症について】

 

●症状

症状の進行に伴って関節の痛みや動かしづらさ、歩きづらさなどが挙げられます。
また、両足の長さの違いが生じる場合もあります。

 

●特徴

初期ではお尻や膝に違和感やこわばりなどを感じるものの、初期症状に乏しく、強い痛みを感じるようになる頃には進行していることが多いという特徴があります。

 

●好発年齢

中高年以降の女性に多くみられるとされています。

 

【日常生活で行える対処法・予防法】

 

変形性股関節症の痛みの主な要因としては、股関節周りの筋肉や靱帯の過剰な緊張によることが多いとされています。

筋緊張の緩和を促すことや適度なトレーニングを行うことで、悪化防止や痛みの改善効果が期待できます。

また、対処・予防法については次のことが挙げられます。

 

●関節への負担を避ける

変形性股関節症は大腿骨頭と関節窩を保護している軟骨がすり減る病気ですので、床での立ち座りなどの股関節に負担のかかるような動作は日頃から避けると良いでしょう。

 

●筋力をつける

変形性股関節症にならないためには、日頃から股関節にかかる負担を軽減するよう心がけることが大切です。
お尻の筋肉や股関節を大きく曲げる働きのある腸腰筋、太ももの前(大腿四頭筋)と裏(ハムストリングス)といった筋肉を少しずつ鍛えるようにすると良いでしょう。

 

●ストレッチを行う

股関節が固くならないように、日頃からストレッチを行うことで股関節周りの血流促進を促して柔軟性を高めておきましょう。
ストレッチは入浴後など身体が温まっている時に行うと良いでしょう。

筋トレやストレッチなどを行う際、痛みがひどい場合は中止し、痛みのない時を上手に利用して行っていきましょう。

新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院の
【股関節痛】アプローチ方法

股関節は非常に複雑な関節です。

そのため股関節の痛みは原因の見極めが重要です。

原因として多いのは、股関節を動かす筋肉のトラブルからくる痛み、関節の炎症からくる痛みなどが挙げられます。

 

当院では、関節の動きや筋肉の状態、痛みの出る箇所を確認した上で、施術を行なっていきます。

痛みだけでなく、関節の可動域の制限やクリック音という関節の引っ掛かりからくる摩擦音が出る場合もあります。

 

まず、原因である場所に対して手技や「ハイボルト療法」を行い、次に股関節の可動の改善を目指します。

股関節の動きの悪さは全身のバランスの崩れに移行してしまうことも多いので全身のバランスも確認し調整を目指します。

スポーツ愛好家の方やお仕事で痛められた方、関節の変形を伴う方などさまざまな方がおられます。

スポーツへの競技復帰、仕事復帰、お孫さんと遊べるようになりたいなど、患者さんの施術の目的はそれぞれですが、最短での施術のゴールへ向けて施術の計画をご提案いたします。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を患部に与える施術で、除痛効果に優れ、また、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各種症状に対して、東洋医学的なポイントに刺激を入れることで、気血の巡りを促進し症状の改善を目指す施術です。

 

■テーピング

筋肉のサポートをすることで、痛みの緩和と動きの矯正・補強を促していきます。

 

■骨格矯正

手技を使って関節を正しい位置に改善していく施術です。
骨格のみならずリンパや脳、脊髄、ホルモンバランスの改善を目指すことで、身体の痛みの解消が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊なブレードを使い癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことで動きの改善を目指します。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足先から太ももにかけてクリームを使いリンパの流れを改善します。
むくみ、冷え性、筋肉の張りの強い方におすすめです。

 

■カッピング

透明なカップで皮膚を吸引することで、血液を表面上に吸い上げる施術です。
血液・リンパの改善が期待できます。

 

■鍼灸

東洋医学的アプローチで、ケガの早期回復やこりやむくみの改善、自律神経症状にも効果が期待できます。

 

■温熱療法

気持ちいい温かさで頑固な肩こり腰痛はもちろん、便秘、冷え性、不眠など自律神経系の乱れを整える効果も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:吉江 俊一(よしえ しゅんいち)
資格:柔道整復師・鍼灸師
誕生日:10月7日生
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:トライアスロン・ロードバイク ・マラソン
今後の目標:自分の周りにいる人間を笑顔にすること
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
住所〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩5-2-8
最寄:JR新小岩駅 北口 徒歩5分
たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進、たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進。坂本病院さんの向かい側
駐車場:あり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中