〒124-0023
東京都葛飾区東新小岩5-2-8

電話マーク

お電話

メニュー

膝の痛み イメージ
見出しアイコン

膝の痛み

膝の痛みの原因は多岐に渡ります

膝の痛みは、
膝関節周辺のトラブルで起こる場合が多く、
なかでも中年以降の女性の膝関節症が
最も多いとされています。

ですが、膝の痛みを発症するケースは、
高齢者やスポーツをしている学生にも多く、
その理由もさまざまです。

なぜ膝に痛みが出るのか、
その原因にはどのようなことが考えられるのかを
詳しくみていきます。

目次

このような悩みはありませんか?

  • 体重がかかると膝が痛む
  • 膝がむくんで いる
  • 正座ができない
  • 床から立ち上がるときに膝がつらい

膝の痛みの特徴・原因について

私たち人間が2本足で立つようになってからというもの、その体重と重力を支える膝にかかる負担はとても大きくなっています。

また、歩行時の膝には、体重の2~3倍、走ったりジャンプする際にはおおよそ7倍もの荷重が膝にかかるとも言われています。
このような負担を毎日のように受けていることで、日々負荷が蓄積されているのです。

中高年になる頃には加齢や体重の増加等も加わり、膝の痛みを発症する方が増えていく傾向にあります。
また、特に筋肉量の少ない女性に多くみられることも特徴の一つとして挙げられます。

膝の痛みがみられる場合、次のような症状・病気が考えられます。

 

【膝の痛みの症状・原因】

膝の痛みの原因は多岐にわたり、年齢・性別によってその原因が異なると考えられています。

 

●変形性膝関節症

膝関節内で骨と骨が直接触れることを防いでいる軟骨がすり減ることにより、すり減った軟骨の浮遊物が滑膜を刺激して痛みを発症するとされています。
症状の進行に伴って膝関節は内反(膝が外側に開く)に変形し拘縮するため、正座ができない膝の曲げ伸ばしができない歩行が困難などの重い症状が出てきます。

中年期以降の女性に多くみられる病気です。

 

●関節リウマチ

身体の免疫機能が異常をきたし、関節に痛みや炎症、関節の変形などを引き起こす病気です。

通常では指関節などの小さな関節の変形から始まり、症状の悪化に伴って股関節や膝関節などの大きな関節にまで変形が及び、強い痛みを感じるようになります。

 

●半月板損傷

半月板は、膝の関節を構成する大腿骨と脛骨の間にあり、膝関節の滑らかな動きをサポートしている三日月型の軟骨です。
スポーツなどの強力な外力によって損傷することがあります。
自然治癒は難しく、多くの場合手術が必要となります。

 

●膝関節靭帯損傷

スポーツ外傷や交通事故などの大きな外力によって、膝関節の内側と外側にあって関節をサポートしている側副靱帯を損傷することを指します。

膝の痛みには根気よく
対処していきましょう

先にも述べた通り、膝には常時多くの負担がかかっており、膝が故障してしまうと人間の基本である「歩行」が困難になってしまいます。
また、安静にした方が良い時期積極的に動かしたい時期も、その病気や状態によって変わってきます。

必要に応じて整骨院・接骨院や医療機関に相談しながら、ご自分で行える対策をしっかりと取っていきましょう。

 

【膝の痛みが病気からきている場合の
対処法】

●筋力をつける

変形性膝関節症では、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)を鍛えることで、負担のかかる膝をサポートできるようになり、痛みの軽減が目指せます。

また関節リウマチでは、ウォーキングなどの有酸素運動で身体を動かすことで、膝関節の動きの改善が期待できます。
また、身体に酸素が取り込まれることや、血流の促進が見込めることで痛みの緩和に繋がることも考えられます。

 

●ストレッチで柔軟性を高める

痛みのない範囲で、膝関節のストレッチを行いましょう。
そのままの状態でゆっくりと膝の曲げ伸ばしを行うことだけでも血流が促進され、症状の改善に繋がります。

 

<安静にさせる場合>

※半月版損傷・膝関節靱帯損傷の場合

受傷後の急性期では安静が必須となります。
動く際にはサポーターやテーピング、松葉づえなどを上手に利用することで、膝の動きをサポートし、半月板や側副靱帯の悪化を防止する効果が期待できます。

いずれの場合もスポーツをやっている方に多くみられます。
痛みの強い時には安静が必須ですが、動かなければならない時には膝にかかる負担を減らすようしましょう。
体重をコントロール、筋力を上げるなどのリハビリを行い、早期回復を目指しましょう。

 

<動かしたほうが良い場合>

症状の慢性期で痛みが少ない時期や回復期には、筋力トレーニングやストレッチを積極的に行い、早期回復を目指しましょう。
ただし、いずれも無理のない範囲で行い、痛みや違和感を覚えた場合には速やかに中止し、安静にしましょう。

 

【膝の痛みが病気以外で考えられる場合の対処法】

●正しい姿勢で正しい歩き方

歩行時には意識して姿勢を正すように心がけましょう。

頭が前に出ないようにし、骨盤の延長線上にあるようなイメージであごを引きます。
両胸の間に位置する胸骨を張るようにし、お腹とお尻を引っ込めます。
歩く時には重心が骨盤の中央にあるようなイメージで大股で歩くようにすることで、お尻周りや太ももの筋力が強化され、痛みの緩和や予防に繋がります。

 

●ストレッチを行う

太ももの前側(大腿四頭筋)と裏側(ハムストリングス)の筋肉は気づかないうちに緊張で硬くなっていることが多いため、日頃からストレッチをして緊張を和らげるようにしましょう。
大腿四頭筋ストレッチには「正座」をすることで、太ももの前側が伸びていることを感じるようにしましょう。

ハムストリングスストレッチは「前屈」が効果的です。
自宅なら床に足を伸ばして座った状態で出来ます。
オフィスの場合は、椅子に座った状態で膝を伸ばし、伸ばす足の踵だけを床に付けてつま先をつかむように前屈すると良いでしょう。

ストレッチは、入浴後の身体が温まって柔らかくなった時が最も良いタイミングです。
また、筋肉を伸ばす際には、「痛くなる手前」の「気持ちよい」と感じるところまでで止めましょう。
そうすることで心身共にリラックスし筋肉が柔らかくなる効果が期待できます。

新小岩中央整骨院の
【膝の痛み】アプローチ方法

膝関節は、体重を支える上でとても機能的で優れた構造をしています。
その一方で、膝関節の一部に不具合が生じると、次々に問題が発生し歩行が困難になるケースが少なくありません。

当院では関節の動きや膝周囲の筋肉の状態、痛みの出る箇所をしっかり確認していきます。
「エコー検査」を行い、関節内部の状態を確認します。
原因となっている損傷箇所を特定し「ハイボルト療法」「超音波療法」で組織の早期修復を促します。
膝関節の痛みは歩行障害に直結します。

状態によって歩行をサポートするためのテーピングや包帯で補強していきます。
また、膝関節だけでなく身体全体の重心バランスを確認し骨盤や股関節、足関節などから調整する場合もあります。

膝関節の安定を保つためには、特に太ももの筋肉の強化が重要です。
膝にかかる負担を少なくする生活習慣のアドバイスや筋力強化のためのリハビリメニューのご提案運動療法もございます。
痛みを和らげるだけでなく、再発させない、同じようなケガを繰り返さない強い身体を作っていきましょう。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

■ハイボルト療法

高電圧の電気を患部に与える施術で、除痛効果に優れ、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各種症状に対して、東洋医学的なポイントに刺激を入れることで、気血の巡りを促進し症状の改善を目指す施術です。

 

■テーピング

筋肉のサポートをすることで、痛みの緩和と動きの矯正・補強を促していきます。

 

■骨格矯正

手技を使って関節を正しい位置に改善していく施術です。
骨格のみならずリンパや脳、脊髄、ホルモンバランスの改善を目指すことで、身体の痛みの解消が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊なブレードを使い癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことで動きの改善を目指します。

 

■ドレナージュ【DPL】

足先から太ももにかけてクリームを使いリンパの流れを改善します。
むくみ、冷え性、筋肉の張りの強い方におすすめです。

 

■カッピング

透明なカップで皮膚を吸引することで、血液を表面上に吸い上げる施術です。
血液・リンパの改善が期待できます。

 

■鍼灸

東洋医学的アプローチで、ケガの早期回復やこりやむくみの改善、自律神経症状にも効果が期待できます。

 

■温熱療法

気持ちいい温かさで頑固な肩こり腰痛はもちろん、便秘、冷え性、不眠など自律神経系の乱れを整える効果も期待できます。

著者 Writer

著者画像
吉江 俊一
(よしえ しゅんいち)
生年月日:10月7日
血液型:A型
趣味:トライアスロン・ロードバイク ・マラソン
出身地:神奈川県横浜市
得意な施術:鍼灸施術

患者さんへの一言:健康な身体でイキイキと生活できる人生を歩みましょう。

座右の銘:益はなくとも意味はある

施術家としての思い:ケガや不調の原因を追究、改善し健康不安のない生活へと導く。

施術へのこだわり:身体的な苦痛の改善はもちろん、心身の安心を提供する施術を心がけています。

【経歴】
市川真間整骨院勤務
西葛西中央整骨院勤務
日本健康医療専門学校を卒業
~2012年 シーエムシー西葛西整骨院勤務
2012年 東京医療専門学校を卒業
2012年~2013年 北習志野中央整骨院勤務
2013年~ 新小岩中央整骨院勤務

【資格】
2009年 柔道整復師免許取得
2012年 鍼灸師免許取得

ABOUT US

新小岩中央整骨院

住所

〒124-0023
東京都葛飾区東新小岩5-2-8

最寄駅

JR新小岩駅 北口 徒歩5分
たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進。
坂本病院さんの向かい側です。

駐車場

あり

09:00〜 12:00 -
15:00〜 20:00 -
お電話でのお問い合わせ

03-3694-5566

WEB予約はこちら
Web予約受付フォーム24時間受付

Treatment guidance

特殊固定具アイコン

特殊固定具

骨折、脱臼、重度の捻挫の場合は患部をより強固に固定する必要がるため特殊固定具を使用し組織の回復を目指します。

患部の状態によりギプス包帯やボール紙を使った固定具などを用いて患部を固定します。

ハイボルト療法アイコン

ハイボルト
療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。

➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和

以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

保険施術アイコン

保険施術

外傷性の「打撲」「捻挫」「挫傷(肉離れなど)」「骨折」「脱臼」などに対して健康保険などを使って施術を受けることが可能です。
※骨折・脱臼については医師の同意が必要です。(応急処置を除く)

肩こりなどの慢性の痛みや慰安目的は保険適用外となります。

経穴(ツボ)へのアプローチアイコン

経穴(ツボ)へのアプローチ

当院では東洋医学的なアプローチも施術に取り入れています。

経穴への刺激は、体性-内臓反射という原理に基づいて皮膚や筋肉に刺激を入れることで内臓の働きを活発にします。

内臓の働きに不調があると、内臓の近くの筋肉が筋性防御という反応を起こして緊張を高めてしまいます。
この反応を内臓から解消することによって、身体の痛みを取り除いていきます。

基本施術アイコン

基本施術

お身体の原因不明な痛みや、慢性的な痛みに対してのアプローチをご紹介しております。

身体の痛みは全身のバランス調整によって大きく改善できるものがあります。
ゆがみを整えて、身体本来の働きをさせ、痛みの改善を目指しましょう。

テーピングアイコン

テーピング

帯状のテープを使って捻挫や肉離れの患部を覆うように張り付けて、関節の保護や筋肉の保護を行う施術です。

テーピングの用途は関節の動きを制限することで、痛みを抑制するだけではありません。

張力をあえて弱くすることにより皮膚と筋肉との間に隙間を作り出し、リンパの流れを促進したり、毛細血管の血流を促進することでケガの回復を促進< する使い方もあります。
ケガの箇所や程度をみながら適宜テーピングの種類を変更して、早期回復をお手伝いします。

骨格矯正アイコン

骨格矯正

身体のゆがみの多くは骨そのものがゆがんでいるわけではなく、筋肉バランスの悪化によって筋肉が付着している骨を引っ張ることで、関節にねじれが生じています。

骨格矯正を行うことで関節のねじれを矯正して、ねじれにより生じた二次的な筋肉の緊張を解放することで関節周辺の痛みの緩和を目指します。

CMC筋膜ストレッチ(リリース)アイコン

CMC筋膜
ストレッチ
(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。

IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。

この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

超音波療法アイコン

超音波療法

高周波による振動療法で患部にとても細かい振動を当てていきます。 深部の損傷まで振動が届くため骨折、捻挫、挫傷などの外傷による炎症や膨張を早期に抑える効果が期待できます。

ドレナージュ(EHD・DPL)アイコン

ドレナージュ(EHD・DPL)

DPLはDeep Press Lymph drainage(深く押すリンパ流し)の略称で、足裏から膝裏までの領域にオイルを使ったケアを行い、循環改善や老廃物の滞留によるむくみ・冷えの解消を目指すメニューです。

エステサロン等で実施されている心地よいリンパ流しとは異なり、短時間で劇的に足のむくみを取り除き、軽くする効果が期待できます。
多少痛みを感じられることはありますが、施術後はきっと笑顔になっていただけます!

カッピングアイコン

カッピング

カッピングを実施することで、筋肉の柔軟性を取り戻し、循環改善による代謝アップも見込めます。

プラスチックのカッピング容器を患部に当てて、真空ポンプでカップ内の空気を抜き、筋肉を内から外へと吸い出します。
その際に毛細血管から出血を伴うため、しばらくの間(2日~10日程度)あざのような痕が残りますが、その色を確認することで血流の滞り具合を確認することができます。

急激に循環が変化すると脱水症状に似た症状も起きやすくなりますので、施術後はたくさん水を飲んでください。

鍼灸アイコン

鍼灸

鍼灸は、鍼や灸で経穴(ツボ)を刺激し、全身の気血の流れを整える東洋医学に基づいた施術です。
経穴(ツボ)を刺激することで、筋肉の緊張を和らげ血液循環を促進しさまざまな症状の緩和を目指していきます。

温熱療法アイコン

温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。
炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

PIA(ピア)アイコン

PIA(ピア)

保険施術、初期施術、基本施術に加え、必要に応じて行います。生体電流の乱れを整えることで身体のバランスを調整し不調の緩和を目指す施術です。
肩こりや腰痛など様々な症状に効果が期待できます。

産後矯正アイコン

産後矯正

産後に骨盤が広がったままで放置してしまうと、服のサイズが戻らなくなったり、骨盤のゆがみから起こる身体の不安定さにより腰痛に悩まされやすくなります。

当院では骨盤を引き締める矯正と、骨盤を安定させるために必要な筋肉の筋力アップのパーソナルトレーニングを実施することにより、骨盤を産前の位置に戻すお手伝いをいたします。
産後1〜2ヶ月後から矯正を受けていただけます。

自律神経調整アイコン

自律神経調整

自律神経が乱れていると、頭痛や身体のだるさなどに悩まされやすくなります。

当院では、内臓、指先のツボ、頸部へのアプローチを実施することにより、自律神経のバランスを整えて症状を緩和させるお手伝いをいたします。

O脚矯正アイコン

O脚矯正

O脚矯正は、その原因に合わせて股関節や膝、足関節などにアプローチしていきます。
骨盤と下半身のバランスを整える施術を行う場合もあります。
「歩くと疲れやすい」「ガニ股」「膝に痛みがある」そのような方におすすめな施術です。

猫背矯正アイコン

猫背矯正

一言で猫背と言っても、猫背の原因は身体のいたる箇所に潜んでいます。

背中の筋力低下や大胸筋などの筋緊張、骨盤の後傾のために腰椎が後弯、インナーマッスルの筋力低下…とたくさんの原因があります。

当院では、最初に全身の不具合を検査することで猫背の原因を全て洗い出し、一つひとつ解決していくことで正しい姿勢へと矯正していきます。

※なお、骨に問題がある場合は特殊なコルセットなどが必要なこともあるため、その場合は専門の医療機関をご紹介することもあります。

美容鍼灸アイコン

美容鍼灸

美容鍼灸は、鍼や灸によりお顔の気になる部分の皮膚や筋肉、経穴(ツボ)を直接刺激することで、「お肌トラブル」に高い効果が期待できる施術です。
また、表情筋が引き締まりたるみが改善され、リフトアップ効果が期待できます。
そのため、顔のゆがみが取れ、顔を左右対称(シンメトリー)に近づける効果も期待できます。

小顔矯正アイコン

小顔矯正

手技を用いた特殊矯正や美容、予防に特化したEMSや装具を使用したトレーニング など通常とは異なる予約制の施術になります。
筋緊張やむくみにより大きくみえてしまっている顔を本来の大きさに戻すことで、小顔を目指していきます。 また、血流が促進されることで顔色も明るくなる効果も期待できます。

温活アイコン

温活

EMSはインナーマッスルへのアプローチに特化したEMSを使い、身体の深い部分にある筋肉を刺激することで身体を引き締めたり腰痛を緩和する効果が期待できます。

「むくみを改善したい」「トレーニングが苦手で楽したい」「冷え性を解消したい」などのお悩みでお困りの方に、おすすめな施術です。

交通事故施術アイコン

交通事故施術

交通事故による打撲や骨折、むちうち症状に対して自賠責保険を使用し施術を行うことができます。

むちうち症状は次第に症状が現れ重くなってしまったり後遺症が残ってしまうこともあります。
事故に遭ってしまったら必ず適切な施術を行いましょう。

労災施術アイコン

労災施術

業務中や通勤中に負傷をしてしまった場合に、労災施術を行っております。

保険会社とのやり取りや書類の書き方などご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

BACK TO TOP

電話アイコン

電話

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE公式アイコン

LINE公式

Instagramアイコン

Instagram

メニュー

",