スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • ケガの再発を
    防ぎたい

  • テニスをしていて肘を痛めた

  • 走っていて膝が痛くなった

  • 投球の際に肩が痛む

「スポーツにケガはつきもの」と、あきらめていませんか

スポーツ中にケガをしてしまった・・・

といった経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか。

 

「スポーツにケガはつきもの」と言われていますが、

普段の予防や対策をしっかり行うことで、

受傷してしまっても早期に回復が期待できる、

ケガをしづらいコンディションを保つことが目指せるでしょう。

 

こちらでは、2つのパターンに区別される「スポーツ障害」

「スポーツ外傷」について詳しくみていきます。

スポーツによるケガ早期回復メニュー Recommend Menu

2つに分かれるスポーツのケガ

スポーツのケガでは、「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2つのパターンがあります。

スポーツ外傷は主にスポーツをしている方に好発すると言われていますが、スポーツ障害は幅広い層の方にみられる、日常生活上でのケガも考えられます。

この2つの違いをさらに詳しくみていきましょう。

【スポーツ外傷】

 

 

スポーツ外傷とは、プレー中の明らかな外力によって起こる組織の損傷のことを言います。
プレー中に転んで足を捻った、大きく腫れたなど、明らかな受傷起点がある場合です。

 

 

●主な原因や症状

スポーツ外傷の特徴としては、身体の一部に過度の外力が加わることによって筋肉や腱、靭帯、骨などを損傷します。
これらは、「一度の衝撃」で起こるケースが多く、打撲、創傷、骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、腱断裂、神経損傷、血管損傷などその受傷部位は多岐に渡ります。

 

●好発部位

受傷が多い部位としては、足関節や手関節、手指が挙げられます。

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツ障害とは、スポーツや日常生活の繰り返しによって過度の負担が蓄積され、痛みを主とした慢性の症状を呈するものです。
日常生活が原因となって発症すると気づきづらいため、放置して重症化する場合もありますので注意が必要です。

スポーツ障害を起こしやすいスポーツには、野球肘・テニス肘・投球障害肩・シンスプリント・ジャンパー膝などが挙げられます。

 

●主な原因

 

・オーバーユース(overuse)
同じ動作を繰り返すことによる使い過ぎ

 

・ミスユース(misuse)
誤ったフォームで動作を行う、使い方の間違い

 

・ディスユース(disuse)
急な運動による身体への負荷

 

●代表的なスポーツ障害

特に多く見られるスポーツ障害として、テニス肘や、野球肩、ジャンパー膝などが挙げられます。

 

・テニス肘

正式名称を「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」と言い、肘の内側と外側を痛める2つのケースがあります。

上腕骨外側上顆炎は、手関節を伸ばす動きをする短橈側手根伸筋の障害と考えられており、テニスのバックハンドやタオルを絞るような動作で肘の外側に痛みが生じるとされています。

上腕骨内側上顆炎は、テニスのフォアハンドやゴルフのスウィングなどで肘の内側が障害され、痛みが生じるとされています。

 

・野球肩

オーバーユースの一つとされており、繰り返しの投球動作によって起こる肩関節周囲組織の障害です。
投球動作では、下肢・体幹の筋力が上肢に伝播するため、肩に非常に大きなエネルギーが加わります。

滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎など、損傷する部位によって痛みを生じる部位も異なってきます。

 

・野球肘

野球肩と並んで、繰り返しの投球動作により肘の内外側を障害されることで起こる可能性があります。
主に内側型(側副靭帯損傷)と・外側型(離断性骨軟骨炎)があり、特に内側が多くみられます。

 

【スポーツ時以外でも起こるケガ】

 

スポーツ外傷やスポーツ障害は、スポーツのみで起こる障害ではなく、何気ない日常生活での動作でも起こることがあります。
毎日のように家事をこなす主婦や、成長過程にある子どもにも障害が起こるとされています。

 

・主婦

テニス肘はテニスプレーヤーだけでなく、手作業が多い主婦の方でも発症することがあります。

 

・中高年

ゴルフやテニス、ジョギングなどでは中高年にも多くみられます。
加齢による退行変性が進むため、骨、関節、筋肉、腱が障害を受けやすいとされています。

 

・子ども

膝を伸ばす動作での障害(オスグッド病・膝蓋靭帯炎)は、子どもに多い障害として有名です。
バスケットボールやバレーボールなどのジャンプ動作の多い競技や、陸上やサッカーなど激しく走るスポーツに好発します。

早めの対処と日頃の予防を行いましょう

スポーツの外傷や障害は、多くのスポーツプレーヤーや、スポーツをしない一般の方にも起こる可能性があるケガだと考えられます。

受傷してしまうとその部位をまったく使わないということが難しいため、回復に時間がかかることが多い場合も少なくありません。

だからこそ、ちょっとした違和感や痛みを見逃さないように、ご自分の身体の状態に耳を傾け、しっかり対処・予防していきましょう。

 

【ケガの予防法】

 

普段からスポーツを行っている方も、急に運動を始められる方も、ケガの予防はしっかりと行うことが大切です。

 

●運動の前にストレッチは十分に

スポーツによるケガを防止するためには、運動前に十分なストレッチで筋肉をほぐし、運動後もしっかりとクールダウンすることが大切です。

 

●スポーツ道具が自分に合っているか確認する

普段使用している運動用具や靴・ユニフォームなどのサイズ、重さ、素材が自分に適しているか見直すことが大切です。

 

●テーピングをする

関節を固定して運動負荷を制限し、障害部を安静にすることで早期回復が期待できます。
近年では関節や筋肉を強固に固定することは弊害に繋がるとされ、傷害がある部分のみ固定・補強するテーピングが多く行われています。

 

●医療機関でチェックを受ける

定期的に医療機関でチェックを受けて、自分の身体の状態を絶えず把握しておくことも障害発生の予防に役立ちます。

 

【日常生活においての対策方法】

 

急なケガの対策にはRICE処置(安静・氷冷・圧迫・挙上)をできるだけ早期に始めることが重要です。
これらの処置をしっかりしたかどうかで、後の回復状態が変わってくる場合もあります。

R:Rest(安静)・・・炎症の抑制や痛みの緩和を目的とした安静

 

I:Ice(冷却)・・・炎症の早期緩和を目指したアイシング
※アイスパックや保冷剤などをタオルに包んでしっかりアイシングをしましょう。
できるだけ早い段階で始めることが大切です。

 

C:Compression(圧迫)・・・皮下出血や腫脹の早期抑制のための圧迫
※弾性包帯やテーピングなどを使用して受傷部位を適度に圧迫します。

 

E:Elevation(挙上)・・・炎症や腫脹の抑制を目的とした、患部の挙上
※受傷部位を心臓よりも高くなるように台などのを使って上げます。

RICES処置を行った後は、整骨院・接骨院や医療機関を訪れ、適切な施術やアドバイスを受けましょう。
適切な処置を受けることで、競技への早期復活が期待できます。

新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院の
【スポーツによるケガ】アプローチ方法

スポーツによるケガは、スポーツ外傷とスポーツ障害の2種類に分けられ、それにより施術の方法も異なります。

スポーツ外傷の場合、急性期にはRICE処置を行い、「ハイボルト療法」「超音波療法」で組織の修復を促します。

スポーツ障害の場合は、スポーツをしている動作やフォームの中に問題点が隠れていることもあるので、痛みや違和感のある際の動きを確認させていただき、フォームの改善のご提案などもさせていただきます。

ケガを改善に導いていく中で、無理をしてケガを悪化させてしまったり、復帰を急ぎすぎて長期離脱に陥るケースは少なくなく、プロのアスリートですらそういったケースはみられます。

ですが大事な大会に向けて無理をしてでも出たい、この試合にかけているということもあると思います。

施術をさせていただく側として、専門的な意見もさせていただきますが、患者さんお一人おひとりのご希望も尊重し、復帰までのプランをご提案させていただきます。

最短ルート最高の競技パフォーマンスを発揮することができるよう取り組んでおります。

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

外傷性のケガの施術には各種保険の適応となります。
ケガをした覚えのないものでも、損傷を起こしているケースもありますので、一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を患部に与える施術で、除痛効果に優れ、また、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

各種症状に対して、東洋医学的なポイントに刺激を入れることで、気血の巡りを促進し症状の改善を目指す施術です。

 

■テーピング

筋肉のサポートをすることで、痛みの緩和と動きの矯正・補強を促していきます。

 

■骨格矯正

手技を使って関節を正しい位置に改善していく施術です。
骨格のみならずリンパや脳、脊髄、ホルモンバランスの改善を目指すことで、身体の痛みの解消が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊なブレードを使い癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことで動きの改善を目指します。

 

■ドレナージュ
【EHD】

頭、目、耳の周りのツボを刺激しリンパの流れの改善を促します。
頭痛、眼精疲労、肩こりの強い方におすすめです。

 

【DPL】

透明なカップで皮膚を吸引することで、血液が表面上に吸い上げられ、血液・リンパの改善が期待できます。

 

■鍼灸

東洋医学的アプローチで、ケガの早期回復やこりやむくみの改善、自律神経症状にも効果が期待できます。

 

■温熱療法

気持ちいい温かさで頑固な肩こり腰痛はもちろん、便秘、冷え性、不眠など自律神経系の乱れを整える効果も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:吉江 俊一(よしえ しゅんいち)
資格:柔道整復師・鍼灸師
誕生日:10月7日生
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:トライアスロン・ロードバイク ・マラソン
今後の目標:自分の周りにいる人間を笑顔にすること
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
住所〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩5-2-8
最寄:JR新小岩駅 北口 徒歩5分
たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進、たつみ橋交差点を葛飾方面へ直進。坂本病院さんの向かい側
駐車場:あり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院 公式SNSアカウント 新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】新小岩中央整骨院・新小岩中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中